昭和58年

企    画      社会福祉法人まりも会東京久留米園
製    作      OH企画
製作協力        車イスの道・製作委員会
製作援助        東京都福祉局
演出・構成       呉 特洙
撮    影       篠田昇
録    音       本田孜
編    集       清水千恵子
演出助手        榎本靖
撮影助手        根岸憲一
スチール         道岸勝一
製    作        飯島茂 松本廣
ナレーション       高瀬春奈
パンフレットデザイン  谷口敦子

障害者の自立を描く映画「車イスの道」
(以下パンフレットより抜粋)

記録映画「車イスの道」は、一人の重度身体障害者
(脳性小児マヒ)の日々の生活を追うことを通して障害
者の自立を描いた作品である。

この映画の主人公加藤久弥氏は空想科学映画E・Tを
観て、「E・T」は私たち人間からみれば宇宙人だが、
そういう私たちは健全者からみれば宇宙人的存在かも
知れない」と感想を述べる。
ここには人間の姿かたちではなく、心と心のつき合い
を望む障害者の叫びに似たものがある。


今はDVDに残してあります。

Copy right (c) 1999-2012 救護施設くるめ園 All Rights Reserved.
〒187-0021 東京都小平市上水南町4-7-45 TEL:042-321-8866